落とすケアを見直す

スキンケアで最も重要視されている保湿

保湿は肌のバリア機能を高め、質の良い状態へと導いてくれるとても大切なステップです。

 

まずは保湿を十分に行い、肌が正常に機能出来るようにしたいものです。

 

しかし保湿に力を入れる前に点検しておきたいステップがあります。

 

「落とすケア」です。

 

保湿の前には大抵、クレンジングや洗顔といった「落とすケア」を行っていると思います。

 

ここできちんと正しい落とし方が出来ているかどうかで、その後の保湿の効果も変わってきます。

 

ただ落とせば良いと考えていては損をしてしまいます。

 

クレンジングでも洗顔でも大切なのはきちんと洗い流すという事です。

 

多くの人は洗う事に力を入れていて、洗い流す事の重要性を認識していないようです。

 

すすぎが不十分であると汚れだけでなく洗浄成分が肌に残ってしまう事になります。

 

肌に不要なだけでなく肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、十分に洗い流すようにして下さい。

 

特に髪の毛の生え際やフェイスラインはすすぎ残しの多い場所です。

 

実際に洗った範囲よりも少し広めを意識しましょう。

 

肌質にあったものを選ぶ事も大切です。

 

クレンジングの場合はオイル、ミルク、クリーム、ジェルとありますが、それぞれ特徴があります。

 

オイルはフルメイクや角栓に効果的ですが目元には重すぎ、ミルクやクリームは保湿効果が高いけれどさっぱり感はありません。

 

逆にジェルはさっぱりとしますが保湿効果に劣り角栓を除去するにも効果的とは言えません。

 

出来れば2・3種類を常備しておき、肌やメイクの状態によって使い分ける事をお勧めします。

 

洗顔料については事前の泡立ちがポイントになります。

 

石鹸、パウダー、フォーム、これらの何を使ってもしっかりと泡立ててから使わなければ肌に余計な負担をかけてしまうからです。

 

すすぎ残しの原因にもなります。

 

掌が泡で一杯になる位にしっかりと泡立て、泡で包み込むようにして洗いましょう。